バックナンバー

建物の補修工事について

工業の分野で行われている修繕

  • トップ /
  • 工業の分野で行われている修繕

工業で行う修繕はコストを考える

工業の分野では、状況に合わせて様々な修繕が行われています。特に土木や建築工事では、業務用の特殊素材による補修工事が行われており、用途に合った接着材や補修材が使用されています。またビルやマンションの修繕業者の選び方としては、最新の工業的な修繕を行う業者を選ぶと失敗しません。例えばマンションの外壁の仕上げが悪いと、モルタルが浮いてしまい、剥がれて落ちる原因となります。この場合、処置として、ピンニング工法と呼ばれる工法が用いられます。具体的には、工業用エポキシ樹脂系の注入材を隙間に注入して、モルタルを接着します。この方法なら、モルタルを新規に塗り替えるよりコストがかかりません。外壁修繕方法の選び方として、コスト削減になるかどうかは重要な要素です。さらにカーボピンネット工法も、工業施設の外壁タイルやモルタルの剥離を防ぐ工法です。この方法ではカーボンファイバーを含んだポリマーセメントによって、壁全体に処理を施します。これらの工法の選び方としては、施工会社と相談し、実際に工業施設を見て見積もりを取ってから決めるようにします。また施工会社によっては、工事が完成してから10年間の保証が付いている場合もあります。

↑PAGE TOP