バックナンバー

工業の有益情報

修繕期間と工業製品

工業製品を扱う工場の修繕

  • トップ /
  • 工業製品を扱う工場の修繕

工業は最高品質の製品を作るもの

工業製品を製造する企業では、通常、社内に生産工場を幾つか持ち、常に最高品質の製品をお客様や得意先に納品するよう心がけています。それは、良いものを、早く、確実に納品するという社会的な責任を負っているからにほかなりません。したがって、工業製品が常に最適な条件下で生産されるよう、生産設備を定期的に修繕していくことは大切です。これは、生産ラインのメンテナンスとも呼ばれるもので、期間を定め、その期間ごとに機械設備の修繕を行うものです。修繕にあたっては、工場長以下、機械を周知している従業員が一斉に行う場合もあれば、その機械メーカーのメンテナンス担当者に期間を定めて修繕を依頼する場合もあります。しずれにせよ、機械が不調になり、製品の品質に影響を及ぼすことのないよう予め万全を期しておくというものです。日本の工業製品が、品質面で世界最高峰に位置しているのは、こうした日頃からの不断の努力の賜物であり、一朝一夕にして成り立っているわけではありません。このような姿は、諸外国ではあまりみられない光景であり、日本人の勤勉さ・真面目さ・責任感を如実に物語っている一例と考えられます。こうした日本人の持つ世界に誇れる国民性を大事にし、後世まで引き継いでいけば、日本経済が衰退し、新興国などにとってかわられることはあり得ないと多くの人は考えるはずです。

↑PAGE TOP